SCARF CHAIR

 

JID AWARD受賞 / Architecture photo掲載 / TABI LABO掲載 / 武蔵野美術大学卒業制作優秀賞 / 特許出願中

2018

1枚の平面からできるイス

 

世の中にはたくさんのイスがある。見た目の美しさを追求したイスや、座り心地を極めたイス。しかし、このイスはそれらのイスとはちょっと違う。このイスは、1枚の平面が立体になることで完成する。つまり、「作り方」に新しさがあるイスだ。欠けた半円のような形の平面に1本のカットを施し、五角形を切り抜く。その五角形が座面となり、切り抜かれた残りの円をくるりと巻くと土台になる。そのような仕組みでイスを作ったら、必然的にこのカタチになった。平面から生まれた軽やかなこのイスを、「スカーフチェア」と呼ぶことにした。

The chair made from one sheet

 

There are many chairs in the world. Pursuing the beauty of appearance, extreme seating comfort. However, this chair is a bit different from those chairs. This chair goes from flat to three-dimensional. In other words, this is the chair with a new way of making. Cut out a pentagonal form from a planar vinyl shaped like semicircle. The pentagon becomes the seat surface, and the remaining part morphs into legs of the chair, inevitably. I named this light chair made from a plane surface “SCARF CHAIR”.

 

 

 

<home

©︎2019

contact