自然界で刹那に見られる一描写を切り抜き

人工的なプロダクトに閉じ込めたディフューザー

 

ピンと張った葉から朝露が滴り落ちるような

時の移ろいをプロダクトとして表現した。

 

底面の器から抑揚を持ちそびえ立つガラスの柱。

ある柱は水源となり、ある柱は器となり、無色透明の水に表情持たせる。

葉の形状をした2色の布はポリエステル性のオーガンジーを

2重に折り重ねることで水を吸収することなく、

毛細管現象によって水を持ち上げるアナログなポンプの役割となる。

 

葉の揺らめきと水の移ろいを連鎖させることで

心地よいタイムスケールを感じられる。

A diffuser that cuts out a depiction often found in nature and is trapped in an artificial product

 

I expressed the change of time as a product that morning dew drips from a taut leaf.

A glass column that stands up from the container on the bottom.

A pillar is a source of water, a pillar is a bowl, and the water is clear and colorless.

The two-color cloth in the shape of a leaf serves as an analog pump that lifts the water by capillary action without absorbing water by folding the polyester organdy in double.

By linking the sway of leaves and the transfer of water, you can feel a comfortable time scale.

 

 

 

<home

©︎2019

contact